サイト紹介



Mobile Cafeteria Tokyoにようこそ。

兄弟サイトであるUrban Cafeteriaのコンテンツが多義に渡ってきた事から、当該サイトにあるクルマ関係の記事をこちらに引っ越す予定でおります。

現在その引っ越しの際中ですので、引っ越し終了次第新たな記事をアップしたいと思います。

それまで珈琲でも飲みながら、のんびりお待ち願います。




新着情報


新型ハスラーは欠点を克服したのか?
2019/10/2(水)

今年の東京モーターショーに向けて、次期新型ハスラーのコンセプトカーが発表されました。


現行ハスラー(左)と新型ハスラー(右)

ご存知の様に幣サイトでは、以前(多数の非難も顧みず)”誰も書かなかったハスラーの欠点”をアップさせて頂きましたので、少なからず次期ハスラーに興味を持っていました。

このため少ない写真と情報から、先般指摘した現行ハスラーの問題点が解消されているかどうか調べてみました。

もし興味がありましたら、こちらへ。



BMW i8生産終了
2019/9/6

2014年に発売が開始されたBMW i8が、来年(2020年)4月に生産を終了するそうです。


生産終了に伴い200台限定で発売されるBMW i8 Ultimate Sophisto Edition

ところで、このクルマは一体何だったのでしょうか?

2000万円もする、ゴージャス・プラグインハイブリッド・スーパーカーだったのでしょうか?

だったら1.5リッターエンジンと電動モーターのハイブリッドにした意味は何だったのでしょうか?

環境に優しいスーパーカーでも目指したのでしょうか?

実は発売当時にも同じ疑問を抱いて、i8に関して少々批判的な記事を書きましたので、もし興味がありましたらこちらへ。




8代目CORVETTE STINGRAYデビュー
2019/7/20(土)

驚きました。

あのアメリカ製スポーツカーの代表格であるコルベット・スティングレイの8代目が、何とMR(ミッドシップエンジン/リアドライブ)になってデビューしたそうではないですか。



今までのコルベットと言えば、(アメリカで)同窓会に乗って行くのに最適なクルマと言われていたのですが、今回のキャッチコピーは違います。

Take the fun way into the office

You’ll want to change your route to feature winding roads behind the wheel of this precision sports car. A 6.2L V8 engine can take you to 60 mph in just 3.7 seconds†, while its driver-focused cockpit will make you feel close to the road. Your commute will never be the same.

すなわち、この0-60mph 3.7秒のスーパーカーを操って、通勤を楽しめという訳です。

おまけにエンジンが、昔ながらのV型8気筒OHV6.2L(最大出力495hp/6450rpm、最大トルク65kgm/5150rpm)というのがたまりません。

恐らく西海岸のIT企業の裏庭に、ポルシェやフェラーリと並んでこのアカエイが威風堂々と並ぶのでしょう。

アメリカではもう大型のピックアップトラック以外の製造は諦めたのではないかと思ったのですが、まだまだどうしてクルマに掛ける情熱は健在の様です。


2018年にUSAで最も売れたフォードのピックアップトラックF-150

これが$55,900~なら、かなり売れるのは間違いありません。

もしアメリカ車について興味が湧きましたら、是非こちら




3分で分かる
iCloud フォトライブラリ と マイフォトストリームの違い
2019/6/6

以前本書では、iCloud フォトライブラリ (現iCloud フォト)と マイフォトストリームの違いについて記事にしていたのですが、非常に分かり難かったので全面改訂してみました。


iCloudフォトライブラリの概念図

これでかなり分かり易くなったと思いますので、相変わらず両者の違いが不明で悶々とされいる方がありましたら、是非こちらへ。



引っ越し中
2019/5/27

Urban Cafeteriaは、従来技術的な記事をメインにしていたのですが、次第に多種多様な話題が入り込んできてしまいました。

このため、思い切って技術的な記事のみを引き連れて、こちらに引っ越して参りましたので、お暇なときにまたお立ち寄り頂ければ幸甚です。


iCloudが安くなっていた
2019/2/15(金)
毎度の事ながら、勉強不足で知りませんでした。

ご存知の通り幣サイトは、iPhone6 SIMフリーが突如販売中止になって以来、名うてのアンチApple派を標榜してまいりました。(詳細はこちら

とは言いながらも、アンドロイド系と比べると、やっぱりiPhoneの方が何かと便利です。

そんな中、iCloudの料金が下がっているとの情報を今頃になって知りました。


以前はアッという間に容量オーバーになるであろう20GBが100円で、こんなにも使いそうもない200GBが400円と、正に帯に短しタスキに長しの料金体系で、死んでもこんな契約をするものかと思う様な内容でした。

ところが現在は、20GBが廃止になり、50GBが130円との事で、非常に現実的な料金体系になっているではありませんか。

Appleも少しは心を入れ替えたのでしょうか?

そんな訳で、本サイトと同様にiCloudを毛嫌いしていた方であっても、年間でもたったの1560円ですので、(余計なお世話ですが)万一の保険だと思ってiCloudの検討をお勧めします。




▼ 1. Torque and Horse Power

2. Automobile

3. Wheel Alignment

4. Security Area

5. PC & HDD Area

▼ 6. Mobile Area

▼ 7. Insurance Area

▼ 8. Consumer Area