横並びで比較する
雪道に強い4WDシステムとは

Issued on Jan. 22, 2017
Added on Dec. 3, 2017

目次


  1) はじめに
  2) ディファレンシャルの機能
  3) 4輪直結パーマネント4WD
  4) 前後輪直結パーマネント4WD
  5) パートタイム4WD
  6) パッシブ・オンデマンド4WD
  7) アクティブ・オンデマンド4WD
   7-1) マツダのi-ACTIVE AWD
   7-2) BMWのxDrive
   7-3) 日産GT-RのアテーサE-TS
   7-4) 日産のインテリジェント 4×4
   7-5) 日産のトルクベクトル付きインテリジェント 4×4
  8) メカ式フルタイム4WD
   8-1) オープンセンターデフ式フルタイム4WD
   8-2) デフロック機構付きセンターデフ式フルタイム4WD
   8-3) ビスカスLSD付きセンターデフ式フルタイム4WD
   8-4) ランドクルーザ200
   8-5) パジェロ
  9) 電子制御フルタイム4WD
   9-1) スバルのACT-4(アクティブトルクスプリットAWD)
   9-2) スバルのVTD-AWD(バリアブル・トルク・ディストリビューション)
   9-3) スバルのDCCD-AWD(ドライバーズコントロールセンターデフ)
   9-4) ランサーエボリューションX(S-AWC)
  10) まとめ(雪道に強い4WDシステムのランク表)



7) アクティブ・オンデマンド4WD


7-2) BMWのxDrive

BMWの4WDシステムは、以前は遊星歯車式センターデフを使った凝ったフルタイム4WD(前後38:68の基本駆動配分)だったのですが、最新のxDriveになってからはシンプルなアクティブ・オンデマンド4WDに変更しています。


FRベースのアクティブ・オンデマンド4WD

コストや燃費、走行性能を考えると、この方式が一番良いとBMWは結論付けたのかもしれません。


xDriveを搭載したBMW X3

そのxDriveは、マツダのi-ACTIVEと同様センターデフの代わりに電子制御カップリング(湿式多板クラッチ)を使っています。

このクラッチは、電気や油圧ではなくモーターで制御されているのですが、基本的な設計思想はi-ACTIVEと全く同じだと考えても良いでしょう。

ただしマツダのFFベースとは異なり、BMWはFRベースとなり、一般道での駆動配分は0:100の完全な後輪駆動で、雪道では50:50の4WDになるという訳です。


xDriveのモーター制御の湿式多板クラッチ

またこれもDTC(ダイナミックトラクションコントロール)と呼ばれるトラクションコントロールシステムによって、空転した車輪にブレーキを掛けて簡易的なLSD(リミテッド・スリップ・デフ)の働きをさせます。

これによって4輪直結パーマネント4WDに近い走破性が確保できますので、雪道の走破性はレベル11にしたいと思います。





7-2) BMWのxDrive

戻る
7-1) マツダのi-ACTIVE AWD
次へ
7-3) 日産GT-RのアテーサE-TS



ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る

サイト紹介

クルマに関連する話を、論理的に且つ分かり易くお伝えする様に努力しています。

本紙独自の話が満載ですので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい 。


▼ 1. Torque and Horse Power
2. Automobile
3. Wheel Alignment