小学生でも分かるトルクと馬力の話
(本当に早いクルマとは?)

2013/03: 初版
2018/04: 改訂




第20章:テクニック編Ⅱ
(バイクはなぜ車体を傾けると曲がるのか)



20-3. ハングオンの効果


それでは何故ハングオン(上体をカーブ内側にずらす)をすれば、コーナリング性能が良くなるかご説明したいと思います。


何故ハングオン(上体をカーブ内側にずらす)をするとコーナリング性能が良くなるか?

下の図は、前述のバイクに働く力に、タイヤと路面の間に働く力を追加しています。


バイクでカーブを曲がるには、遠心力とバランスを取るため車体を内側に傾けました。

そうすると倒れはしないのですが、タイヤと路面の間には赤い矢印の力が発生します。

この赤い力が、タイヤのグリップの範囲内なら良いのですが、スピードが上がり更に車体をどんどん傾けると、いつか赤い矢印がタイヤの限界を超え、ついには転倒する事になります。

これを防ぐためには、どうすれば良いか?

車体の傾きを、極力少なくすれば良い事になります。

そのためにはどうするか?

では次にバイクに乗っている人が、車体の中心からずれて乗った場合を考えてみます。


 倒れる          倒れない        倒れない

上の図のAの様に乗ると重心が左にずれる事から、このままではオレンジの方向に倒れてしまいます。

ところが、車体を右に傾けると重心がタイヤと地面の接触点に向きますので、倒れないで進む事ができます。




自転車で片方のペダルだけに足を掛けて乗ると、この状態になります。


ペダルに片足を掛けて乗ると、自転車は傾く

ではこの状態で青い矢印の方向に曲がるとどうなるでしょう。

その場合、車体の傾きを減らしてカーブを曲がる事ができるのです。

それを表したのが、下の図です。


この図Cをご覧頂きます様に、同じ重力と同じ遠心力を受けながらも、車体を大きく傾けなくてもカーブを曲がれるという事が分かって頂けると思います。

すなわちハングオンを行うと、車体を傾ける量を減らしてカーブを回れるので、より早いスピードでカーブを走れるという訳です。


ハングオンを行うと、車体を傾ける量を減らせる

またまたいつもの写真ですが、もしこの写真の様にハングオンしないでカーブを曲がると、車体はもっと内側に傾く事になります。

またカーブ内側の膝を突き出すのは、重心をカーブの内側に更に移動させるためで、傾き具合を知るためではありません。

なおこのハングオンスタイルは、何もレースだけでなく、雨で滑り易いカーブを自転車で走る場合でも有効です。

知ってしまうと簡単な事です。




20-3. ハングオンの効果/第20章:テクニック編Ⅱ


関連記事

BMW i8の謎に迫る

スポーツカーの短所

S660の真実

ハスラーの短所





ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.

新着情報一覧




ホーム頁へ戻る

サイト紹介

クルマやバイクに関連する話を、論理的に且つ分かり易くお伝えする様に努力しています。

本サイト独自の話が満載ですので、もし宜しければ珈琲でも飲みながらお楽しみ下さい 。

▼ 1. Torque and Horse Power
2. Automobile
3. Wheel Alignment
4. Tire
5. Bike